アズカリ

アズの仮置き場。

二等じゃダメなんですか?

年末ジャンボ宝くじ

が発売されたらしい。

 

前後賞あわせて10億円。

一等だけでも7億円らしい。

 

すごいな。

 

一等って7億円も

貰えるんですか。

 

前後賞が

1億5000万円

らしい。

 

「二位じゃダメなんですか?」

といった人がいるが、

二位じゃダメなんですよ。

 

二位はたった1000万円。

 

その差はとても大きいんですよ。

 

宝くじを求めて

4日前から並んでいる

という人もいたらしい。

 

なぜゆえに並ぶ?

 

先着順なの?

 

先着順で当たるんなら、

僕は365日前から並ぶよ。

 

そして僕は

「一等が当たったらどうしよう」

という

誰もが何度も考えたことを

考えたわけだ。

 

まず、会社を辞める。

これ、デフォルト。

 

今の僕を縛り付けているのは

会社。

 

もっといえば、

会社からもらうお金。

 

だから、

7億円があれば

会社に未練なんてなくなるはずだ。

 

だけど、

毎日が日曜日

だと暇ではないだろうか。

 

自由というのは

大変だと聞いたことがある。

 

なにをやっても

いいんだって。

 

なにもしなくても

いいんだって。

 

ダラダラしていても、

一日中、ゴロゴロしていても

誰も文句言わないんだって。

 

困ったものだ。

 

とりあえず、

映画とか

歌舞伎とか

たくさん観よう。

 

7億円もあるんだから、

一等席の一番いい席で観よう。

 

平成中村座なら

思い切ってお大尽席にしよう。

 

映画も

前売り券とか

映画の日とか

気にせず、

1800円出して

ネットで事前予約してから観よう。

 

スターウォーズのチケット代が

特別価格になろうが

そんなことは気にしない。

 

気にはしないが、

スターウォーズ自体に

あまり興味がないのが

重ね重ね残念だ。

 

一か所に定住せず、

各地を転々とする生活

を送ろう。

 

リタイア後に夢見ていた生活を

今すぐ実現しよう。

 

仮の住まいはホテル。

 

ホテルに長期滞在。

 

少しだけ

ランクの高い部屋にしよう。

 

最上階のスイートルームなんて

僕には似合わない。

 

ホテルなら

リネン交換も

ゴミ掃除も

お任せできる。

 

自分宛の郵便物は

ホテルに届くように手配しよう。

 

カバンひとつでホテルを訪れて、

飽きる前に次の地へ旅立とう。

 

できるだけ身軽でいたほうが

きっと楽しいはずだ。

 

そうはいっても

必要以上の贅沢はしない。

 

なにせ

7億円しかないからね。

 

贅沢をしていたら

あっという間に

使い果たしてしまいそう。

 

今まで通り、

食にも気を使う。

 

無駄な外食は控える。

 

ホテル暮らしだと

自炊は無理か。

 

うーむ、

どうしよう。

 

本は

ブックオフで

読み捨てでいいや。

 

図書館の利用は

難しくなりそうだからね。

 

そうだ、

僕が7億円持ってる

ってことを

誰にも知られないようにしなくては。

 

絶対に誰にも話さない。

 

身内にも内緒。

 

会社を辞める理由も内緒。

 

急に羽振りがよくなった

と思われないように

気をつけること。

 

もちろん、

このブログでも

そんな話題はいっさいしない。

 

絶対に内緒だけど、

不思議とこういう情報は

漏れてしまうんだよな。

 

なんでだろうね。

 

「寄付をお願いします」

とか

「うちの銀行を御ひいきに」

なんて言って

近づいてこないでね。

 

なにせ

7億円しか持ってないんだからさ。

 

夢を見るのは実に楽しい。