アズカリ

アズの仮置き場。

まさかの日

ここ数年、

最近は大きな自然災害が

目立つようになってきた。

 

僕自身は

さいわいなことに

そのような被害にあったことはない。

 

島の火山が噴火した。

 

そして

避難生活を余儀なくされた。

 

僕は

避難生活の経験が一度もないので、

その大変さはわからない。

 

きっと想像より

遥かに過酷な状況なのだろう

と思う。

 

いつ島に帰れるのか

という不安。

 

毎日、

島のことばかりを考える。

 

避難生活は

とてもストレスが溜まる。

 

なにもする気が起きなくて、

憂鬱な毎日だ。

 

想像すらしなかった避難生活。

 

この現実に対応しきれない。

あまりにも突然すぎて。

 

火山は噴火するから

火山なんだ。

 

噴火しなければ

ただの山。

 

「まさか噴火するとは」

 

自分の都合のいいように

考えすぎた。

 

火山の噴火に

おびえながらの生活なんて

想像に耐え難い。

 

だから想像しなかった。

 

現状に目を背けた。

 

だから万が一は考えない。

 

住み慣れた

先祖代々の土地を離れるなんて

考えられない。

 

天秤に

かけられるようなものではない。

 

予め

予測しておくことの大切さ。

 

これは

大事なことだろう。

 

火山は

噴火するものだ

という認識。

 

車を運転したら

事故にあうかもしれない

という予測。

 

だから

シートベルトをし

我が身を守る。

 

想定したところで

現実はなにも

変わらないのかもしれない。

 

山は

人間の都合なんて

考えてはない。

 

その時がきたら

噴火し

辺り一面を灰で覆い尽くす。

 

地震も

防ぐことはできない。

 

自然の威力のなすがまま。

巨大な自然の力に勝つことは困難だ。

 

しかし、

そうなることを

予め想定しておけば、

いざそうなったとき

少しは違うのではないだろうか。

 

まずは

自分の気の持ちよう。

 

割り切ることはできないだろうが、

くるべきときがきたと

腹をくくれるかもしれない。

 

どうにもならないことを

延々と考え、

鬱になることは

避けられるかもしれない。

 

毎日、

島のことばかりを考えて

夜も眠れない。

 

ふるさとを思う気持ちは、

その人の優しさなのかもしれない。

 

執着。

思いが強すぎるばかりに、

その気持ちに

自分自身が潰される。