アズカリ

アズの仮置き場。

まずいカレー

まずいカレーなんて

あるわけないじゃん。

 

どう調理したって

カレーがまずくなるわけないでしょ。

 

たいていの人は

そう思っているはず。

 

だけども、

まずいカレーは存在する。

 

それに出会ったのは

遥か昔。

 

僕の前世の記憶だ。

 

「アズさんさぁ、

 明日お弁当買わなくていいわよ。

 カレー作るから

 もってきてあげる」

 

そう言ってくれたのは

同じ職場のおばちゃん。

 

カレーを作ってもってきてくれる

といってくれるくらいだから

仲はよかったはず。

 

なにぶん、

前世の記憶だから

よく覚えていない。

 

当時僕は

地元を離れて寮暮らしをしていた。

 

朝晩は

寮のおばちゃんが作ってくれるご飯を

しっかりと人並みに食べていた。

 

残すわけにもいかなかったので、

無理して食べていた。

 

結果、

当時の体重が

僕の人生においてマックス値だった。

 

僕は太らない体質だ

と思っていたが、

人並みに食べれば

体重は増えるのだと知った。

 

まあ、太ったといっても

標準体重を少し超えている

くらいだった。

 

さすがに寮のおばちゃんは

昼ごはんの世話までしてはくれない。

 

僕の先輩が

寮のおばちゃんに

弁当を作ってもらったことがあるらしい。

 

だけども、先輩は

それを食べずに

寮のゴミ箱に捨てた。

 

当然、おばちゃんが

ゴミの回収もするので気づく。

 

おばちゃんは

激怒したらしい。

 

当たり前だ。

 

先輩が常識がなさすぎなのだ。

バカだ。

 

僕は

昼ごはんをどうしていたかというと

会社の近くの弁当屋で弁当を買ったり、

スーパーでパンを買ったりしていた。

 

当時は

食に関するこだわりなど皆無で

空腹が満たされればいい

という感じだった。

 

そして、

カレーをいただくことになった

当日の昼。

 

わざわざ僕のために

家からカレーを持ってきてくれるだなんて

ありがたい。

 

「いただきます」

と一口。

 

...ん

 

...んん

 

まずい

 

なんの味もしない。

 

確かにカレーの色をしているし、

ジャガイモも人参も肉も

入っているのだが

味が全くしないのだ。

 

泥水を食っているようだった。

 

どうすれば

こんな仕上がりになるのだろうか。

 

市販のルーではないのだろうか。

 

市販のルーであれば、

いくら料理が下手でも

それなりの仕上がりになるはず。

 

拷問と化した昼食となった。

 

だけども、

まずそうな顔をしながら

食べるわけにもいかない。

 

「大変結構な

 お味でございました」

 

ついてもいい嘘はある