アズカリ

アズの仮置き場。

しあわせの差

あなたはしあわせですか?

と聞かれたら

なんて答えますか?

 

とても幸せでもなければ、

とても不幸ではないわたしは

とても「普通」です。

 

普通という感覚も

自分だけのものですから、

他の人から見れば

違うかもしれません。

 

「アズさんちって、

 モノがないし、

 テレビも見れないし、

 葉っぱばかり食べてて

 とてもかわいそうね」

と思う人もいるかもしれません。

 

わたしからすれば、

「他の人って、

 ゴミに囲まれた生活で

 無駄な消費のために働いて、

 防腐剤たっぷりの弁当食べて

 かわいそうね」

と思います。

 

総じて、

お金とモノがあればシアワセ

と考える人が

多いんじゃないですかね?

 

わたしは、だんだんと

気持ち

に重点をおくようになりました。

 

これはモノを減らしたことの

メリットのひとつだと思います。

 

でも、

お金はあった方がいいです。

 

貯金通帳のゼロが

ひとつでも多い方がいいです。

 

しかし持ちすぎると、

それはそれでやっかいです。

 

多くを持ちすぎると

妬まれます。

 

最悪、

命を狙われます。

 

世の中には

人のものを

無理やり奪おうとするものがいるのです。

 

そう考えると、

そこそこ贅沢できるくらいの

お金があればいいでしょうか。

 

それっていくらくらいなんでしょうか?

 

今の日本人の生活意識として、

生活が苦しい

と感じる人が6割以上いるのだそうです。

 

ホントですか?

 

今日を生きるのも

精一杯ですか?

 

それなりの生活水準

を保とうとすれば、

苦しいってことですか?

 

上を見たらきりがない。

 

下で暮せばせつない。

 

いったいどれだけ

手に入れれば気がすみますか?

 

そんなに欲しいものですか?

 

どうせ

それを手に入れたら

次が欲しくなるのでしょう?

 

現状が

しあわせだと

思うことはできませんか?

 

僕はできません。