アズカリ

アズの仮置き場。

子どもの強み、大人になることの不安

トランクケースに

身をのせて

スィィーーッッ

と走っていく子どもがいた。

 

「ほらぁ、やめなさい」

 

きっと子どもは

怒られる。

 

そんなことなど考えもせず、

今を楽しんでいる。

 

楽しければそれでよい。

 

これは

子どもの最大の強み

だと思う。

 

実に子どもらしい

と思うのだ。

 

後先考えなくても

いいじゃないか。

 

大人になると

とかく

余計なこと

を考えてしまう。

 

勝手に不安になって

「きっとダメだろう」

とあきらめる。

 

トランクケースに

乗って走ったら

怒られるかどうか。

 

そりゃ、

怒られるに決まってる。

 

僕は

その様子を

少し上から眺めていた。

 

「きっと楽しいんだな」

とほほえましく思った。

 

最近、

楽しそうな子ども

を見かけると、

思わず笑顔になってしまう。

 

目が合うと、

向こうも笑っている。

 

「そうさ

 僕は今

 最高に楽しいんだ」

 

反面、

無表情な子ども

を見かけると

不安になる。

 

本人も意識したことがない闇

をかかえているんじゃないだろうかと。

 

こんなふうに育てられたんだなと。

 

もちろん

それは僕の勝手な想像で、

僕が目をそらした瞬間に

その子は笑顔になっている

可能性だってある。

 

スマホの画面に

集中している子を見ても

同様に不安になる。

 

それは

そんなに楽しいか?

 

楽しいのに

なぜ無表情になんだ?

 

まあ、

そこに集中していれば

余計なものを見ずにすむからね。

 

大人が作り上げた

いやな世界

を見ずにすむからね。

 

でもね、

そのスマホのなかも

大人が作り上げた世界なのさ。

 

どうやったって

大人の世界からは

逃れられないのさ。

 

なぜなら君たちは

すぐさま大人になってしまうから。

 

大人になることは

待ち遠しかった。

 

あの頃の一年は

すごく長かったし、

僕はいつまで経っても

大人になれないんじゃないか

と思っていた。

 

働くって

どういうことなんだろう。

 

僕に

そんな大変なこと

ができるのだろうか。

 

お父さんや

お母さんのような

大人になれるのだろうか。

 

僕自身の心配をよそに

僕は大人になった。

 

だけども、

なるようにしかならなかった。

 

就職するときに

僕は

適当な会社の名前を挙げて、

そこに就職した。

 

やりたいことはなかったし、

働かなければいけない年齢

になったから働きはじめた。

 

ただそれだけのことだったが、

両親はとても喜んでくれたので、

よかったのだと思う。

 

「毎日つまんねぇな」

と会社にいくたびに思っていた

のだが、

最近では

そんなことすら考えないように

なった。

 

なるようになる。

 

なるようにしかならない。

 

まあ、

人並みに生活できているのだから、

これでいいのだと思う。

 

全て自分で選んだ道だし。

 

子どもの頃に戻りたい

なんてことは思ったことがない。

 

子どもの時代から

もう一度、

人生をやり直すなんて

大変なことはもういいや。

 

それは

今に不満がない証拠だ

とも思う。