アズカリ

アズの仮置き場。

田舎の高卒労働組合のノリがだいっきらい

高圧的な口調 バカなくせに「オレはなんでも知っている」というフリをする 仕事ないなら、だべってないで帰れ。人の邪魔すんな 年下を呼ぶときには妙なあだ名。まさひろならまさ、たかあきならたか ボキャブラリーのなさよ 狭い領域で生きている井のなかの蛙…

子どもの強み、大人になることの不安

トランクケースに 身をのせて スィィーーッッ と走っていく子どもがいた。 「ほらぁ、やめなさい」 きっと子どもは 怒られる。 そんなことなど考えもせず、 今を楽しんでいる。 楽しければそれでよい。 これは 子どもの最大の強み だと思う。 実に子どもらし…

自分を誤魔化す

このままでいいの? このまま普通に仕事して 年とって定年迎えて 年金暮らしになって、 死んでいくの? そんな平凡な人生でいいの? そんなこと言うけどさ それ以外にどんな人生があるの? どんな形であっても 仕事はしなきゃいけないじゃない? デイトレー…

地球のはしっこにて

友達とふたり。 それぞれの布団を並べている。 その隙間をきっちり詰めて寝るほどの 仲じゃないから 僕は 微妙にその距離をとろうとする。 「もう少しこっちに詰めないと 落っこちちゃうよ」 僕たちが布団を並べているのは まあるい地球の上。 あまり端っこ…

引退宣言

草の精霊がいる。 半透明で手足がついている草たち。 長いのと 地べたに這いつくばるのと その中間と。 それぞれに 「引っこ抜いてくれ」 と僕に訴えかけてくる。 なぜ抜かれたいのだろうか? 抜かれてしまったら 君たちは終わりじゃないのか? それでも彼ら…